« 子供の世話は・・・ | トップページ | デザート食べ切れず »

2009年6月19日 (金)

グレードアップ、その後

久しぶりのジテツー、やはり気持ちがいい。
帰りの海岸堤防も追い風気味でスムースだった。

グレードアップ(改造)してまだ半月もたっていない。
サイコンで改造後の走行距離を確認。

約163Km、思ったより走っていた。

改造後の感想をまとめてみます。

<外観>

  車格が大分上がった。中級レベルのバイクに近づいたかなと思う。

  クランクとリアディレイラーをシルバーにしたことでより、目立つ。
  DEOREのデカールも目立つ(自転車乗りしかわからないが)

  カセットもシルバーになり、格上になった。
  先日、脱落防止のプラスチック板を外してよりかっこよく。

  シフター、ブレーキレバーもかっこよくなった。

  クランクのアームが太くなり、しっかりした感じが、
  MTB用のパーツだけある。

<走行>

  前にも少し書いたが、走行が軽くなった気がする。
  BB(ボトムブラケット)がホローテック型に変わったことが大きいか。
  クランクの回りがよりスムースになった感じ。

<変速>

  これは言うまでもなくよりスムースになった。
  MTB用のグレードでは一番下だが、
  量販車クラスに使用されている物とはやはり格が違う。
  10万円前後のバイクから使われているのがわかる。

  フロントディレイラーはアウターからインナー方向は好いが
  逆は時々入りづらい場合がある。

  リアの方は常用している範囲(4~6速)はスムースだ。
  アップ(7~9速)の場合より強い力が必要な気がする。

<ブレーキ>

  違いが一番はっきりしたのがブレーキだ。
  ブレーキシューの違いが大きい。

  前のテクトロはロックしやすかったがジワリと効く感じ、
  もちろん強く握ればロックします。

  シューのゴム質が違う、カスが出にくい。
  本体もしっかりしている、調整がやりやすそう。
  ブレーキの鳴きも無くなりました。

以上がいままでの私なりの感想です。今後変わるかも知れません。

クロスバイクに乗り始めてまだ1年目の初心者。
エントリークラスのバイクしか知らないので
より高級のパーツの使用感は判らない。

初めから10万円クラスのバイクに乗っていたら
このような改造はやらなかったかもしれない。

より高級なパーツに変えると言う方法もあるが現実的には無理。

あこがれの人々は皆さん、目的別に2台、3台バイクをお持ちだ。
私には当分無理なこと、少しづつ改造していくしかない。

調べてみると、買った時のままのパーツは、フレーム以外で
ホイール、シートポスト、ハンドル、ステム、フロントフォークだけになってしまった。

今、考えているのはホイールの交換というか、ロード用の新規購入。

買ってからあまり走らないうちにタイヤを28Cに変えてしまったので
外したタイヤ32Cとチューブが新しいまま残っている。

これを今のホイールに戻して通勤用。
新しいホイールに今のタイヤ(マキシス)をはめてツーリング用。

先日スポークが1本外れたので今のホイールにちょっと不安が残る。

気になっているのがシマノの完組ホイールWH-R500。
前後セットで13000円位の買得品、人気商品。

17日(水)に久しぶりにDEPOに行き、現品があったので確認した。
かなり魅力的だったが、クイックレバーの出来がいまひとつ。
コストが掛かっていないのがはっきりわかる。

この計画には、カセット(今と同じもの)が必要となる。
工具も揃えたい(カセット外し用、手入れに必要)となると、約20,000円の予算。
ボーナスが期待できないとだいぶ先の話になってしまう。

他にも、計画が

 グリップの交換(エルゴタイプに):今のBBBのグリップはにぎりやすいがバイクの
                     振動が吸収できずに手が痺れてしまう場合がある。

 ハンドルの交換:ライザーバーからフラットバーにしてみたい。

色々考えるとキリがない、今のところは考えるだけにしておこう。

最後に今回の改造で一番気にいっている処の画像。BB(ボトムブラケット)部分です。

Img_2384

  

|

« 子供の世話は・・・ | トップページ | デザート食べ切れず »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供の世話は・・・ | トップページ | デザート食べ切れず »