« 50,000Km | トップページ | 清水三保~五郎十~立花橋へ »

2010年1月23日 (土)

富士川楽座~善福寺~由比へポタ&ウォーキング

以前から行ってみたかった庵原の山へ挑戦してみました。
富士川楽座から善福寺へのコース。
コースの地図を頭に入れましたが、念の為にプリントしてウエストバックに。

10時前に出発し善福寺で昼食(蕎麦)の予定でしたが、
家事を頼まれバイクの手入れ等をしていたらお昼になってしまった。

昼食後準備し出かけたのは13時15分頃。
国1の道の駅でお茶のペットボトルをゲット。

新富士川橋を渡りバイクを引いて階段を下ります。
土手にいた若いローディーはバイクに乗ったまま。
階段中央をゆっくり走って登っていきました。

河川敷でなく土手を走って富士川橋に向かいます。
手前の住宅の脇道を通って県道に。

信号待ちしている車の間をバイクを引いて渡ります。
これが私なりの早くて安全な方法。

楽座に向い走ります、手前の坂道で体調が判ります。
正月ボケの体で、以前よりきつい感じが。

楽座を過ぎて左折、きつい坂を上って向う道を探します。
手前の細い道に入ってしまったがなんとか目的の道。

ずっと登り、なまった体が悲鳴を上げたところで休憩。
給水棟が見えます、地図で確認。

Img_0343 Img_0344

野田山方向へ向かいます。給水棟を超えて左折が今日のコース。
記事を書く前に閲覧したら三振王さんはまっすぐ走って
野田山から由比東山寺のコースを午前中にこなしていました。

私は息を整えながらこの橋までバイクを引いてウォーキング。

初めてのコース、あまり無理しません。
今日はポタリング&ウォーキング。

バイクに乗り走れるところまで頑張ります。
九十九折の急坂、景色が開けた場所までちょっとウォーク。

Img_0345 Img_0346

富士川と東名高速、富士山は見えません。
デジカメを構えていると、下からローディーが3人登ってきます。
ゆっくりですが苦しそうではありません。

先頭を走るローディーが説明しながら走っていきます。
「もうすぐ、この上が頂上です」の声をきいてちょっと安堵。

坂の途中だったので頂上付近までウォーク、再びポタです。
富士山の方向だと思いますが途中で一枚。

下りは快適ですが日陰は寒い、ひらけたところで駿河湾を。

Img_0347 Img_0349

富士川と東名高速がここでも見えました。
しばらく走って善福寺トンネル、ここまで車に出会いません。
左車線の道幅いっぱい使って走らせて頂きました。

トンネルの中で始めて軽のワンボックスに抜かれる。
気持ちよい下りが続きます。

善福寺そばの小さい案内看板を見かけましたが、14時半過ぎです寄りません。
蒲原に到着。まだ15時前、県396号を由比に向います。

いつも通り過ぎている「ゆい桜えび館」に寄ってみました。

Img_0350 Img_0351

桜えび販売所と削りぶし販売所、共に団体客で混雑。
当然ながら桜海老とシラスに関係する土産物がほとんど。

店内を一周、おばちゃん達が試食しながらたくさん買い物している。
不況感はあまり感じない。

館内の桜えび茶屋で何か蕎麦でもと思ったが、カギをもっていなかったので×。
「由比宿へ」の看板にしたがって旧道方向に向います。
広場を抜けると飯田八幡宮の階段、バイクを持って降りた所で一枚。

石畳の参道を抜けると旧道、すぐ右は「由比本陣公園」。
左折して帰ります。

帰りはいつものコース。
JRの神田川踏切を越えてバイパスを潜り堤防に上がります。

途中は工事中、バイクは通れそうですが下に降り、高架下を走ります。
高浜から再び堤防に、ここでまたバイクを止められます。

Img_0353 Img_0354

田子浦海岸と同じ、ここでも海岸でテトラポット造り。
海岸に下りる重機を積んだ大型トラックが堤防を走って来ました。

作業員に止められ海岸に下りるまで待ちぼうけ。
2台目が中々動かないので脇を抜けていきました。

新富士川橋上は向かい風、頑張ります。
越えて富士川土手に下ります。

ジテツウコースで遠回り。

港へ向う堤防も向かい風、歩行者も多くちょっと走りづらい。
特に真ん中を並んで歩く人が、プラス犬づれは尚厄介です。

シンボル緑地には新しくトイレが時計台近くに設置中。

ゑびすやさんで休憩、缶コーヒーで一服です。

休憩後、足が軽くなりました。
イオン前を通り帰宅。

16時15分到着。
3時間、37Kmのポタ&ウォーキングでした。

次回挑戦時はウォーキングなしの予定です。

|

« 50,000Km | トップページ | 清水三保~五郎十~立花橋へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50,000Km | トップページ | 清水三保~五郎十~立花橋へ »