« 上棟式 | トップページ | ジテツウ再開 »

2010年2月20日 (土)

沼川巡りで浮島へ

暖かそうな朝です。
窓を開けると富士山は雲に囲まれています。

折角雪が積もったのにはっきり見えません。
昨日も夕方になってうっすらと全景をみせました。

先週のコンロオフの仕度がそのままなので
同じコースでと思いましたが富士山が見えません。
どうせ行くのなら見える日にと明日に期待。

所用があるのを忘れていて済ますと11時。
中途半端な時刻、昼食後近場へ行く事に。

近場なのでジテツウ仕様でメット替わりにニット帽。
13時25分、東へ向います。

田子浦港から吉原駅へ。
車が多いです、忘れてました今日は毘沙門さん(毘沙門天大祭)でした。

駅の東の踏切から先へは車輌通行止め自転車でもいけない。
露店が並び凄い人出。
バイクを引きながら踏み切りを渡り駅の北口へ戻ります。

この道にも露店が間を置いて並び、駅から多くの人が歩いてきます。
人込みを抜け沼川沿いを走りSBSマイホームセンター前を通り380号。

右折して東へ少し走ると毘沙門橋で沼川越え。
次の信号を左折、初めての道をうろうろ走ります。
国1のガード下を抜けると見慣れた道、東部浄化センターの西に出ます。

新幹線と富士山の定番撮影地にはカメラマンが姿を現すのを待ってます。
駐車してある車のナンバーを見ると、和泉・品川・横浜・川崎・名古屋、全国的。

飲み物を持ってこなかったので新幹線のガードを潜り北進。
中里のハックドラックで自販機休憩。
休憩後ハプニングが。

先程リアのギアチェンジがおかしかったので点検。
クランクを回しても動かない、ブレーキシューがタイヤを抑えている。
おかしいと思ったら後輪がリヤエンドから外れている。

クイックレバーが緩んでいたのか乗車中は荷重が加わるのでよかったみたい。
停車中にリアディレイラーのバネ力によって外れたのだろうか。

兎に角、しっかりと嵌めてクイックレバーもきつめにします。
走りながら様子をみます、チェンジもスムースになっておりOKでした。

南に戻り再び新幹線のガードを潜り抜けるとピンクの花が東に見えます。
近づいて見ると沼が、野球をしている音が聞こえます。
富士東球場の裏でした。

Img_0446 Img_0447 Img_0448

浮島工業団地に入ります。前方の沼川土手にピンクの花(早咲きの桜)。
若いカップルが一組。男子は長い望遠レンズの一眼で何枚も撮影中。

私も土手に、バイクでは走りづらいので引き歩き。
川沿いの木はほとんど咲いて8分咲。
反対側はつぼみもなし、好対照。

Img_0451 Img_0454 Img_0453

沼川を越えるとエイデンとピアゴ、国1を渡らず側道を東にちょっと走ればお気に入り。
浮島ヶ原自然公園、富士山は頭がちょっとしか見えませんが定番の位置で一枚。
管理棟はほとんど完成、近くで撮影と思ったが工事関係者が多くて止めました。

Img_0455 Img_0456 Img_0457

帰りは堤防でと思い昭和放水路近くからと思ったが工事で登れない。
松林の中を走って行くとマリンプール東から上がれました。

マリンプールをバックに、駐車場は毘沙門天祭の駐車場となり満車状態。
送迎バスを待つ人も一杯います。

祭り会場の裏手の海岸は臨時駐車場。
下の堤防を走りますが、車が多いので堤防に上がるとここも人で一杯。
途中まで走れますが後は歩きです。

さすが毘沙門天祭、裏まで露店で一杯です。

「先はゲートがあるからいけないよ、下に降りて林をいって」
と交通整理人のアドバイスに従います。

ゲート先で再び堤防に上がりますが下り口でも交通整理。
いつもはガラガラの堤防側道(一方交通道路)が車で一杯。

富士と港が見える公園入口でも交通整理。
明日の日曜日はもっと込むだろう。

港からはいつもと同じコースで帰宅。

15時30分、約2時間 23,7Kmの近場ポタでした。

|

« 上棟式 | トップページ | ジテツウ再開 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上棟式 | トップページ | ジテツウ再開 »