« 富士川楽座まで | トップページ | ウインターグローブ »

2011年12月27日 (火)

HDDレコーダー

地デジ化され約5ヶ月経ちましたがまだ我が家はアナログTV。
BUFFALOデジタルハイビジョンチューナー(DTV-H300)で鑑賞中。

唯一の悩みは録画が出来ない事でした。
年末年始は特別番組が多くレコーダーを検討してました。

裏番組が録画できないと意味がないのでWチューナーが必須。
結局 BUFFALOのらくらくTVレコーダー DVR-W1 を購入(Amazon価格21600円)

<仕様>

  受信チャンネル:地上デジタル、BS・110度CSデジタル共にWチューナー

  内蔵ハードディスク:1TB(1000GB)約163時間録画可能(地上デジタル)

  端子:アナログ映像・音声 HDMI USB2.0(外付けHDD用)

Img_2983

サイズはB5位でコンパクト、HDDの音も静か。
外部出力がなくダビングは出来ない。

撮って見て消すだけの人には丁度よいシンプル仕様。
私にとっては100時間も録画出来れば充分、外付けはしないと思う。

TV周辺機器はこうなりました。

Img_2984_2 

下から HDD(160GB)内蔵DVDレコーダー(SONY)
     SKY PerfectTV HDD(160GB)内蔵デジタルチューナー(SONY)
     SKY PerfectTV チューナー(旧タイプ・未使用)
     TVレコーダー HDD(1000GB)内蔵(BUFFALO)

DVDレコーダーはレンタルDVD再生専用に変更。

スカパーのHDD内蔵チューナーはスカパーから特価(¥9800)で購入。
海内ドラマや映画の録画、再生で活躍中(但しダビング不可)

旧タイプのスカパーのチューナーはダビング録画が可能(コピーガードが効かない)
以前はよくDVDレコーダーに録画していた。

購入したTVレコーダーはTVの都合でアナログ端子で接続。
ハイビジョンの信号であるが普通のデジタル画像、それなりに綺麗です。

録画の手順は画面に出た番組表(ちょっと小さく見難いが)
から選んで決定ボタンを押すだけです。

録画した番組の再生画像は若干落ちるが気にならない程度。
画質にそれほどこだわらないのでOKです。

そしていまだに陣取っている36インチのブラウン管式テレビ。

Img_2986

SONYのKV-36DR7です。
ネットで調べたら1999年発売開始、重量85Kg、消費電力200W。

まだまだ現役、壊れるまで使います(笑)

|

« 富士川楽座まで | トップページ | ウインターグローブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士川楽座まで | トップページ | ウインターグローブ »