« 梅雨の晴れ間のJAZZ LIVE | トップページ | 車載方法の検討 »

2012年6月20日 (水)

歯科医は梅ちゃん先生

半年ぐらい前から歯の治療中。
虫歯や歯石取り等、予約で月1,2回しか通えない。

以前は高校の同級生の歯科医院に通っていたがちょっと遠いので
勤務先からの帰りに寄れる歯科医院に変更。

長年、ほっておいたので長引いているがそろそろ終盤。
最後の奥歯の治療には親知らずを抜かねばならない。

左右とも横から奥歯に接触している。
歯ブラシが届かないので奥歯が虫歯になりやすい。

親知らずの抜歯は外科手術になるので歯科口腔外科。
紹介先の中央病院で本日の午後に手術でした。

手術中は局所麻酔が効いているので押されている感じだけ。
抜いた箇所を縫う為の糸が唇に当たるのが手術っぽい。

10分程で終了、なんかあっけない感じ。
抜いた歯を見せてくれて「持って行きますか?」と。

画像を撮って見せる物でもないし、
おじさんの歯を見る物好きもいないでしょう、断りました(笑)

帰宅後、薬をすぐに飲みましたが麻酔が切れると痛みが(;ω;)
出血も少しあったが、今は何とか耐えれるぐらいの痛み。

今日は右側、来月には左側を抜く予定。
抜歯後は飲酒や激しい運動は1週間程禁止。

血の巡りがよくなると痛む為らしい、抜糸も一週間後。
抜糸が済むまでは長距離ランは禁止。

しばらくはおとなしくしていなければならない。
唯一の救いは担当医がどちらも”梅ちゃん先生

優しい声で言われると痛みもいくらか忘れます(笑)

|

« 梅雨の晴れ間のJAZZ LIVE | トップページ | 車載方法の検討 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間のJAZZ LIVE | トップページ | 車載方法の検討 »