« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

走り納めと富士山

昨日の雨で出来なかった窓拭きと洗車(D2)を午前中に実施。
午後からの地元の浅間神社と公会堂の正月準備も14時過ぎに終了。

我が家の女性たち3人が買い物に出かけた間にバイクの手入れ。
ベトベトするクロスのグリップ交換実施。

BBBのエルゴノミックグリップからシマノPROのアローグリップへ

Dsc_0320 Dsc_0789

風が強いので玄関先で実施。
終了後、外へ出れば富士山が見えている。

玄関に飾ったお飾りが飛んでしまった位の強風の中
予定外だが、走り納めにいつもの堤防ランへ。

ポリプラ裏手から上がり、頑張って風に逆らい西へ。
堤防起点でUターン。

港へは追い風、アウターで途中まで。
その後は軽いギアでケイデンス重視のラン実施だが続かない。

1ヶ月以上、骨折で走れなかった脚力低下は思ったより大きい。
回復までは時間がかかるだろうか。

富士山が綺麗に見えていたので、後はお馴染みの画像。
明朝は初日の出が見れそうです(起きれれば港へ行く予定)

Dsc_0790_2
Dsc_0792_2
Dsc_0793
Dsc_0794

15時30分から小一時間程の走り納めは12Km程のポタでした。

最後に走行距離のまとめ。

 12月は

    クロス:36Km
    ロード:56.8Km
     合計:92.8Km

  2012年 年間総距離:2997.2Km

ちなみに骨折する前の10月までの月間平均距離:283Km

来年はジテツウ(クロス)を含めて500Km/月
年間で6000Kmを目指したいです。

皆様、良いお年をお迎え下さい o(_ _)oペコッ

    

 

  

| | コメント (0)

2012年12月23日 (日)

不完全復帰

西の方ではワン君が完全復帰だそうです。
私はまだ不完全復帰。

先週のジテツウはクロスで火・水・木曜日の3日。
恐る恐るの火曜日、やはり左腕が痛む。

段差は骨に響くので右手のみの片手で保持。
ハンドルを握るも短時間で疲れる。

時々屈伸してみるが筋に引っかかり感。
左手筋力低下の為かハンドルが右にぶれやすい。

あまり荷重を左腕に加えないようにハンドル操作。
その為右腕に負担がかかり右腕も疲れる、悪循環。

暗いので帰りの堤防ランも出来ず、
3日間ではまだリハビリ効果なし。

本日はロードで久しぶりのラン。
脚力も低下しているので近場へ。

天気確認やタイヤの空気入れ等で出発は10時30分。
西へ向かい由比へ。

ちょっと遠回りでポリプラ裏手から海岸堤防。
富士川土手を北上して新富士川橋。

クロスより前傾姿勢なので、左手がやはり痛む。
時々屈伸しながら走行。

久しぶりのせいか脚が回らず。
向かい風のせいも有り20Km/h前後の走り。

蒲原堤防からバイパス高架下経由で396号。
ちょっと坂道上りの練習をしてから港へ。

11時10分過ぎ、ちょっと早いが「浜のかきあげや」で昼食。
新メニューの「沖漬け丼」¥700をチョイス。

Dsc_0787

お客さんは少ないが結構注文していて人気。
味は私好みで美味、出し汁で茶漬けにできるが今回はパス。

食後、港近くの母の実家へ。
久しぶりに従妹や従妹の旦那さんと近況話。

長男が同居を始めたそうで、お孫さんと初対面。
目がくりっとした、かわいい女の子と思ったら男の子。

なんと名前が私と同じだった(漢字は未確認)
1才位、抱かして貰ったが昔を思い出し懐かしかった。

コーヒーを頂き、小一時間程お邪魔してしまった。
縁側での話の途中、友人とウォーキングに来ていた近所の後輩と遭遇。

ビックリ、お互い一人でなかったので挨拶程度の会話のみ。
最近、よく出先で知り合いに会うことが多い。

従妹達と別れた後、東へ。
396号で新蒲原駅、排水後堤防へ上がり新富士川橋へ。

富士山が顔を出したので久しぶりに定番地でパチリ。

Dsc_0788
Dsc_0789

橋を越えて富士川土手から海岸堤防で港へ。
久しぶりの堤防ラン、向かい風の中左手と脚力のリハビリ走行。

ケイデンス90前後で軽めのギア。
しかし、続かない。最後はゆっくりとみなと公園内へ。

いつものベンチで小休止。
築山の工事が進んでいた、今年度中には完成か。

Dsc_0791

港から、沼津方面へ。
再び堤防へ上がりマリーンプールへ、今日はここまで。

Dsc_0792

沼津港まで行きたかったが予想以上に疲れが、それと雑用有り。
マリーンプールへの扉が開いており、帰りは一般道で。

Dsc_0793

何故か帰り道も向かい風。
一日中向かい風に悩まされた。

14時30分帰宅。
走行距離:44.6Km

不完全復帰のリハビリポタでした。

| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

外れた~

今日も午後から通院の為半日有給ゲット。

レントゲン診断結果は経過良好。
「ギブスを外しましょう」と女医さんの一言(v^ー゜)ヤッタネ!!

実際は金曜日から外していたがこれは内緒。
わざわざギブスをつけての通院でした(笑)

重たい物を持たなければOK。
それと手のひらを上向きでの負荷は控えるようにと。

スポーツは?の問いに「まだ駄目です」
自転車は?「転ばなければいいです」

骨折箇所はまだ完全には治癒していない様子。
来週、最後のレントゲン診断で通院終了予定。

帰宅後早速、自転車ライドと思ったら路面悪し。
小雨模様なので断念。

明日はよい天気、久しぶりのジテツウです。
転ばないように気をつけなければ(^-^;

久しぶりに画像を、ありきたりですが富士山。
13日の冬富士です。

Dsc_0773

| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

困り事

小春日和といえる日曜日。
自転車日和ですが治療中の身(残念)

ギブスを外して少しずつ使いながらリハビリ生活。
本日は地区の公会堂の大掃除等の後、庭木の剪定等。

骨折がまだ直らないのが困り事の1つですが
もっと困っているのが、スマホの画像処理。

マイスマホは SONY Xperia acro HD so-03
先月にOSの更新通知が有り、すぐに実施。

更新後(Android2 → Android4)パソコンへの取り込みが×
更新前に撮影した画像しか認識しない。

SDカードに保存されていたのがフォルダー無し。
内部メモリーに移動、接続して色々操作がしたが判らず。

取り込み出来たと思ったらすべてサムネイル画像でサイズ小。
本日の撮影画像が取り込まれない。

取扱説明書も、「問題が発生したため、取扱説明書を終了します」
ネットで色々調査しているが解決していない。

メールで画像を送っても良いが手間がかかる。
画像を入れた記事を書きたいが困った事です。

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

リハビリ開始

骨折後36日目、一週間ぶりに整形外科へ。
野暮用も有り午後から有給休暇。

用事を済ませ天気が良いので徒歩で5,6分。
午後3時からの診察時間にちょっと遅れただけ。

前回はギブスが折れており手を動かし過ぎで悪い結果。
今回はギブスは外さず一週間固定。

レントゲンでの確認結果、骨折部はほぼ固まっており良い結果。
「今日から入浴時はギブスを外し、腕を曲げてリハビリを」との指示。

先生に90度程曲げられると肘に強い痛みが。
伸ばす方はそれ程痛みがない。

診察後、リハビリ室へ。
理学療法士による機能回復訓練。

曲げ伸ばしを5分程、最初より曲がるようになった。
「痛みを我慢してより強く曲げても早くは直らない」との事。

「急に曲げたので体がビックリして気分は悪くないですか」と療法士。
特に体に変化なく体調良し(笑)。

ゆっくり、あせらずリハビリするしかない。
日常生活ではまだギブスは取れないが快方に向かっておりよい気分。

手の平を上に向けての曲げは禁止。
出来るだけ毎日リハビリしたい。

来週の診断後はギブスが外せると思う。
自転車でのリハビリが出来れば良いのですが。

梅ちゃん先生に確認するつもりです。

| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

折れてました

と、言っても添え木(ギブス)の話。
一週間ぶりのレントゲン診断。

結果はあまりよくない。
先週の写真と比べると、ヒビの箇所が少し開き気味。

「手を使ってませんか?」と梅ちゃん先生(ちょっと古くなったか)
内側に曲げては成らなかったが、曲がってしまうと、私。

診断で外した添え木を点検、曲げたところで折れてました。
これでは曲がってしまう。

仕事や着替えの時、結構曲げていました。
新しい添え木作成、包帯で三重巻き、これでしっかりと固定。

当分、ちょっと不自由な生活に逆戻り。
また、一週間後に診断、今年中に外れるでしょうか。

また、飲酒の件について聞くのを忘れたが、
骨折後、ほぼ、1ヶ月ノンアルコール。

土曜日の招待された忘年会で生2杯、2次会で樽ハイ1杯。
久しぶりでほろ酔い気分、痛みはなし。

昨日の防災訓練後の慰労会ではノンアルコールビール。
外傷はないので血流の影響は受けないが控えている。

ネットで調べても賛否両論。
晩酌をするわけでもなく、毎日飲みたい訳でもない。

当分、ノンアルコールを続行。
しかし、8,14,15日と忘年会。

乾杯のみで後はノンアルコールの予定だが守れるかどうか判らない(笑)
梅ちゃん先生から言われてないので良いと思うがどうしましょう。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »