« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

伊豆高原は雪景色 その2

23日朝、6時起床。朝食の前にひと仕事。
6時半、仕事(撮影会)の為9時までに東京に戻る長女を伊東駅へ。

路面の凍結は心配無用でした。
戻った後、朝食前にホテル回りをパチリ。

部屋から見ると、多くの倒木あり。

Dsc00801

会員制のリゾートホテル、他のお客さんは高級車(笑)

Dsc00803

初めて(?)見たツララ。

Dsc00804

朝食は容器がお洒落。

Dsc00806

ホテルの外観。

Dsc00807

チェックアウトの前に屋上で雪遊び。
サラサラではない氷雪なので雪だるまは出来ず。

Dsc00809

チェックアウト後、再び大室山。
青空、長男と次女と3人リフトで山頂へ。

Dsc00811

富士山が見えたが画像では見えないかも。

Dsc00812

山肌には雪がまだ残っており、
山焼き(例年、2月の第二日曜日) は遅れている。

Dsc00816

待ち人がいるので10分程で下山。
この後は伊豆ガラスと工芸美術館で芸術鑑賞。

Dsc00827
Dsc00828
Dsc00830

11時過ぎに帰路へ。修善寺までは往路と同じ。
大仁の伊豆洋ランパークで昼食。

長岡から口野経由の414号。
静浦小は小中一貫校になるらしく立派な校舎が建設中。

伊豆中央道が高速と繋がった為か414号は思ったより空いていた。
自転車コースの裏道で沼津港から千本街道、吉原駅経由で帰宅。

早起きと寝付けなかったので疲れました。
思い出作りに家族旅行はもっとやらねばなと感じた二日間でした。

 

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

伊豆高原は雪景色 その1

22,23日、伊豆高原へ一泊二日の家族旅行へ行って来ました。
時期は1ケ月以上過ぎたが私の還暦祝いです。

東京にいる子供達の都合を合わせて日程を決定。
彼らは東京からスーパービュー踊り子号で伊東駅。

私達は修善寺から12号、中伊豆バイパス。
冷川への道沿いは雪国のよう、松川湖付近は雪は少なかった。

子供達を迎えにいく前にちょっと観光。
小学生の時の遠足以来の大室山と伊豆シャボテン公園。

標高が高い伊豆高原は雪景色。
大室山麓のさくらの里は除雪無し、30cmほどの積雪。

大室山は見るだけ、次女と奥さんは駐車場の雪に大はしゃぎ。

Dsc00743

シャボテン公園へ、
駐車場から想像出来なかったが園内は雪国。

Dsc00747
Dsc00753 Dsc00761

放し飼いの鳥たちは寒そうでしたが有名な彼ら(?)は別。
カピパラ、この公園のマスコットキャラクター。

Dsc00755

凍った池に囲まれたチンパンジーは寒さで動かない。

Dsc00756

温室の中で、アルマジュロとサボテン”金鯱”
最大は高さ:118cm 周囲:270cm 重さ:250Kg 樹齢:160年(推定)
 

Dsc00768
Dsc00769

ロックガーデン(メキシコ遺跡)のサボテンは雪の中、
石像と共に違和感というか珍風景。

Dsc00779

リャマは元気。

Dsc00784

バードパラダイスでは雪景色に映えるフラミンゴ 。

Dsc00788

二度と見れないかもしれない珍しい 景色を見れて幸運 というべきか。
車椅子で移動の母は「寒い、寒い」を連発、嬉しさ半分。

15時半頃、小さなペンションにチェックイン。
伊東駅へ二人を迎えに行き、18時過ぎに久しぶりに6人で夕食。

林に囲まれたペンション、娯楽はテレビ鑑賞のみ。

夕食後は部屋で成人した長男とホテルの麦焼酎でハイボール。
土産のチョコレートがつまみに。

Dsc00800

男同士二人で飲みながら話すのは初(亡父は酒を一滴も飲めなかった)
酒が強かったのにはちょっと驚いた。

派手ではないが美味しいものを食べて飲んで祝ってもらい
楽しい一夜を過ごしました。

その2に続く

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

パノラマ風景

昨日の富士山ポタでのパノラマ写真です。

折角のデジカメ機能、何枚か撮りましたので
右横がブラックな画像はそれをカット(トリミング)

幅1200ピクセルでリサイズ、高さは微妙に異なってます。

宗清寺梅園

Dsc00655_1

富士川河川敷

Dsc00681_1

岩本山梅園

Dsc00705_1

田子浦 みなと公園

Dsc00733_1

参考

  元画像 8192×1856  SONY DRC-RX100M2

| | コメント (0)

2014年2月16日 (日)

強風の富士山日和

久しぶりの好天気、富士山も雪が積もりバッチリ。
強風でしたのでロードでの走りはやめ近場の富士山ポタ。

富士川河川敷、宗清寺、雁金堤、岩本山、
龍巖渕、中央公園、みなと公園のコースをクロスでポタ。

9時10分出発、ジテツウコースで西へ。
新富士川橋を渡り河川敷からポタ開始

Dsc00633
新幹線の架橋下

Dsc00635
新幹線と一発勝負

Dsc00636
今日の相棒はクロス

Dsc00640
水道管橋

宗清寺へ、開花したばかり。カメラマンが数人。

Dsc00645
Dsc00646
Dsc00654

再び富士川へ、堤防道路で富士川橋へ 。

Dsc00662

途中の富士川ふれあいホールから

Dsc00668

富士川橋橋下、西側。

Dsc00674

渡って再び河川敷。

Dsc00676

雁堤へ

Dsc00684

マイポイントの東名沿い茶畑。

Dsc00690

岩本山の梅はまだと三振王さんの情報。
富士山日和なので GO、インナーギアと引き歩きで岩本園裏。

交差点のカーブミラーに富士山。ここから乗車で岩本山公園。

Dsc00693

歩きの団体さんが多い、
駐車場近くですれ違った団体の一人から名前を呼ばれ、ビックリ。

先月、急に退社した1歳上の先輩でした。
協力会社の山歩き仲間と一緒、協力会社の人とちょっと立ち話。

駐車場はほぼ満車、公園内は出店もあり賑わっていた。

Dsc00694

一息いれて撮影タイム。確かにイマイチ見頃はこれから。
多くのカメラマンと共に数少ないポイントで何枚か。

Dsc00707
Dsc00697
Dsc00710

潤井川へ向かう途中、高原から

Dsc00719

桜は大分先ですが龍巖淵で川面近くから。

Dsc00723

潤井川右岸堤防路を北風に押されて下ります。
所々で堤防路沿いの緑のシートが強風でめくれ路上に。

お気に入りポイント、南アルプスと共に。

Dsc00725

13時過ぎ、丸源ラーメンへ向かうが外まで行列。
時間潰しにユニクロ(不買でした)と中央公園。

Dsc00726

再び、丸源へ。店内待ち有で諦め、東京ばんからラーメン。
支那そばと餃子で¥1000、好みの味ではなかった。

まだ、富士山バッチリ。田子浦港からみなと公園へ。
海沿いは強風(爆風と言ってもよい)体が振られ撮影に苦労しました。

Dsc00730
Dsc00732
Dsc00738

海岸堤防をちょっと西へ、小須地区へ下りイオン前から帰宅。

15時10分着、丁度6時間のポタ、走行距離は40.6Km
久しぶりのクロス車での気楽なポタでした。

しかし強風でした。後半はニット帽を脱ぎました。
今週末は所要ありでロードでの走りができない。

一度もロードの出番がない月になりそうです(苦笑)


 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

国際交流フェア

今年も国際交流フェアが開催。
26回目、14時頃まで雨でしたが結構賑わいました。

奥さんたちの踊りのグループが店を出したのでお手伝い。
10時から開催、最後の飾り付け。

Dsc00560_2

原田清流太鼓で開催

Dsc00563

踊りの衣装に着替えて応対。

Dsc00581

彼女達の踊りはビデオ撮影なので画像なし。
他の踊りをいくつか。

Dsc00588
中国拳法グループ、曲はキューティーハニー(驚)

Dsc00599
フィリピンのグループ

Dsc00602
ハワイアンダンスのグループ

色々なお店が出店、購入したのは
富士山グッズの店で売っていた最近話題のこれ

Dsc00587
「がんもいっち」

地元グルメの味付けがんものサンドイッチ¥400
一度食べてみたかった話題の品、隠し味の辛子がきいて美味しかった。

何故かフランス関連のブース内でワイン等と共に売っていた「恵方巻」
高校の同級生が主催、勧められて購入。フランス料理店で調理したとの事。

Dsc00601_3

フランスの香りはしない、日本の味「ネギトロ」
方向も考えず会場内で食べてしまった(笑)

外の会場はテントでの各国のグルメ販売、雨でしたが賑わったようだ。
雨上がりの14時過ぎの様子。

Dsc00606

15時頃には撤収、天気がちょっと残念な一日でした。

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

2014年1月の走行距離

天候や色々合って走れない月でした。

19日の歩きによる筋肉痛が3日続きジテツウ出来ず。
叔父の死去で25,26日は通夜と葬儀。

走行距離のデータは壊れたノートPCからHDDを取り出し復活。
結果はポタが1回のみで

 クロス:76Km ロード:28.4Km  合計104.4Km

 おまけの歩き18Km

最近、軽いうつ状態。モチベーションが上がらない。
何とか今月は復活したい。

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »